TEL:078-915-7586

サービスの紹介

介護のことでお悩みの場合は、遠慮せずにご相談ください。

介護を必要とされる方が、自宅で可能な限り自立した生活がおくれるよう、ケアプラン(居宅サービス計画)の作成やサービスの利用調整をケアマネジャーが行います。

 

まずは、要介護(要支援)認定の申請から始めます。

要介護(要支援)申請の流れ

①申請

介護保険のサービスを利用するためには要介護(要支援)認定を受ける必要があります。市区町村の介護保険担当窓口に介護保険被保険者証を添えて、申請を行います。

ケアマネジャーが代行することも出来ますので、まずはご案内ください。

②認定調査(訪問調査)

申請後、市区町村の調査員が訪問して聞き取り調査を行います。全国共通の認定調査票に基づいて、申請者の心身の状態などの聞き取りが行われます。

③ 一時判定、主治医意見書

  • 調査結果に基づきコンピューター判定が行われます。
  • 主治医(かかりつけ医)が疾病の状態等について意見書を作成します。申請後、市区町村からかかりつけ医に送付されたり、書類をもらって申請者や家族が直接医療機関に依頼したりします。
    (市区町村によって流れが異なる場合があります。)

④二次判定(介護認定調査会)

介護認定審査会において、どれくらいの介護が必要か審査・判定が行われます。

⑤認定結果の通知

  • 要支援1・2、要介護1~5の区分があり、認定された人は介護保険サービスを利用することができます。
  • 非該当(自立)と認定された方は介護保険サービスは利用できません。
  • 要支援や非該当(自立)の認定を受けた方は、市区町村が行う事業によるサービスを利用される場合があります。詳細はケアマネジャーにお尋ねください。

⑥ ケアプランの作成

ケアマネジャーと相談しながら、ケアプラン(居宅サービス計画)を作成していきます。

居宅介護支援契約とは

ケアマネジャーが利用者様の支援をはじめるためには、利用者様及びご家族様に事業所の概要やサービス内容についてよくご理解いただく必要があります。

 

そのために、重要事項の説明を行い、居宅介護支援契約を締結します。

 

ケアプラン作成について

①面談

ケアプランを作成するためには、まず何よりケアマネジャーが利用者様やご家族様のこと、困っておられることや問題などを理解することが必要です。

そのために、ケアマネジャーはご自宅や病院などを訪問し、お話をうかがうことから始めます。

②ケアプラン原案の作成

面談でおうかがいしたことに基づき、ケアプラン(居宅サービス計画)の原案を作成します。


③サービス担当者会議の開催

ケアマネジャーが主催し、利用者様やご家族様、利用を考えているサービス事業所など関係者が集まり、ケアプラン原案を検討します。

④ケアプランの完成・利用契約

サービス担当者会議を経て、ケアプランが完成し、利用するサービスの種類や利用回数、予定などが決まると、利用者様は各サービスごとに利用契約を結びます。


⑤サービス利用開始

訪問看護や訪問介護、デイサービス、福祉用具など、それぞれのサービスをケアプランに沿って利用します。

利用をはじめたものの、状態が変わったり、思っていたものと違う…など迷う場合はケアマネジャーに再度ご相談ください。ケアプランは随時修正することができます。

途中でサービスを変更したり、相談が必要になったら…

ケアプランに基づいてサービスを利用しはじめても、実際に思っていたのと違ったり、もっと別のアイデアが浮かんだり…、また利用者様の状態やご家族様の状況が変わることがあり得ます。

 

そんな時も遠慮せずにケアマネジャーにご相談ください。その時々の状況に合わせて、随時計画を修正し、サービスの利用調整を行います。

 

ケアマネジャーは、毎月1回以上はご自宅を訪問し、利用者様・ご家族様のお話をうかがい、状態を確認させていただきます。どうしたら困っていることが解決できるか、望む暮らしが実現できるかを一緒に考えさせていただきます。