ケアマネジャーが一緒に考えさせていただきます。


私たちケアマネジャーは、介護の知識を幅広く持った専門家です。

介護のことでお悩みの場合は、遠慮せずに何でもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。私たちが一緒に考えさせていただきます。

例えばこんな時…

  • 介護保険ってどんな制度?
  • 介護保険の認定を受けるにはどうすればいいの?
  • ヘルパーさんはどんなことをしてくれるの?
  • 看護師さんは家に来てくれるの?
  • デイサービスにいくにはまず何をしたらいいの?
  • 車いすやベッドが借りられるって聞いたけれど…。
  • 手すりの設置や段差の解消などの住宅改修をしたい。
  • 家族が外出する間、施設に泊まれるってホント?

介護のお悩みは何でもご相談ください。


介護を必要とされる方が、自宅で可能な限り自立した生活がおくれるよう、ケアプラン(居宅サービス計画)の作成やサービスの利用調整をケアマネジャーが行います。まずは、要介護(要支援)認定の申請から始めます。

要介護(要支援)申請の流れ

①申請

介護保険のサービスを利用するためには要介護(要支援)認定を受ける必要があります。市区町村の介護保険担当窓口に介護保険被保険者証を添えて、申請を行います。

ケアマネジャーが代行することも出来ますので、まずはご案内ください。

②認定調査(訪問調査)

申請後、市区町村の調査員が訪問して聞き取り調査を行います。全国共通の認定調査票に基づいて、申請者の心身の状態などの聞き取りが行われます。


③ 一時判定、主治医意見書

  • 調査結果に基づきコンピューター判定が行われます。
  • 主治医(かかりつけ医)が疾病の状態等について意見書を作成します。申請後、市区町村からかかりつけ医に送付されたり、書類をもらって申請者や家族が直接医療機関に依頼したりします。
    (市区町村によって流れが異なる場合があります。)

④二次判定(介護認定調査会)

介護認定審査会において、どれくらいの介護が必要か審査・判定が行われます。


⑤認定結果の通知

  • 要支援1・2、要介護1~5の区分があり、認定された人は介護保険サービスを利用することができます。
  • 非該当(自立)と認定された方は介護保険サービスは利用できません。
  • 要支援や非該当(自立)の認定を受けた方は、市区町村が行う事業によるサービスを利用される場合があります。詳細はケアマネジャーにお尋ねください。

⑥ ケアプランの作成

ケアマネジャーと相談しながら、ケアプラン(居宅サービス計画)を作成していきます。


居宅介護支援契約とは

ケアマネジャーが利用者様の支援をはじめるためには、利用者様及びご家族様に事業所の概要やサービス内容についてよくご理解いただく必要があります。

 

そのために、重要事項の説明を行い、居宅介護支援契約を締結します。